定期借家の賃貸物件とは

期間限定の賃貸物件

Google

賃貸選びの一つの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 定期借家の賃貸物件とは

新着情報

賃貸の定期借家契約とは

賃貸における通常の契約は1年間または2年間など期間を区切って契約を結び、期間満了後にも更新していくことが前提です。一方、賃貸の定期借家契約では、更新を前提とせず、定められた契約期間の満了とともに契約が終わります。通常の契約の場合、よほど正当な理由がないと更新を拒否することはできず、貸主が一時的に貸したい場合に不向きです。そういった場合にこの定期借家契約が有益です。但し、途中解約ができないなど借りる側からすると敬遠されてしまいがちではありますが、各契約ごとに特約事項として契約条項の緩和を図っていくといいと思います。

改正借地借家法における定期借家

旧法では、建物の賃貸借契約は正当事由がなければ更新されるために、家主は他人に賃貸すことを躊躇する傾向がありました。しかし一定期間に限り貸すことができる定期借家が可能になれば、家主も借家人も便利で、社会経済的にも利益になることがあります。例えばサラリーマンが転勤等で2年間に限り留守をする間だけその所有する家を他人に貸したい場合や、あらかじめ取り壊しが決まっている建物を一時的に貸すという希望を叶えることができます。そこで新法ではやむを得ない理由を記した書面による契約によって、更新のない契約を結ぶことができるようになりました。

© Copyright 賃貸での間取りの重要性. All rights reserved.