賃貸での築年数について

賃貸選びの注意点

Google

賃貸選びの一つの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸での築年数について

新着情報

賃貸で部屋を探す時の注意点

賃貸で部屋を借りる時に、築年数を気にしている人が多いです。マンションであれば、あまり気にする必要はないのですが、アパートの時は、注意する必要があります。木造建てであれば注意する点が多く、借りる時は、納得してから借りる事を勧めたいです。部屋を借りる時に、妥協している人が多く、個人で外せない部分だけを残して借りると良いです。近年では、忙しい人の為に、ネットでも部屋を見る事が出来るので助かります。就職など新生活を始める人が増えているので、賃貸から探すと良いです。店舗に行く時間がない人は、ネットでも探す事が可能なので、気になる物件を見つけた時に店舗に行くと話が早く済みます。

築年数と管理状態で判断

新築の賃貸マンションやアパートは、きれいで気持ちが良いものです。しかし、その分家賃が高く設定されています。中古物件は、新築に比べ家賃は安く設定されていますが、築年数や管理状態によって、建物の快適さや安全性に大きな違いが出てきます。一般に日本の住宅の寿命は、木造で20年、コンクリートで50年と言われています。築年数が古くても、管理や補修が行き届いている賃貸物件は、家賃も安くてお勧めです。また安全性の面から考えると、2000年に阪神大震災の被害状況を元に、建築基準法が見直されたので、2001年以降に建築された物件が、地震に対して一番安心と言えます。

© Copyright 賃貸での間取りの重要性. All rights reserved.